鎌谷紀子は夫(結婚相手)と大学生の娘2人と離れて暮らす!

スポンサーリンク

鎌谷紀子さんは、結婚相手の夫と2人の娘さんがいらっしゃります。

そして、鎌谷紀子さんは仕事の為に、夫と2人の娘さんと離れて暮らしています。

さらに、長女さんは中学時代に鎌谷紀子さんのウィーンでの仕事に帯同されて貴重な経験を積まれています。

当記事では、鎌谷紀子さんの結婚相手の夫と娘さん2人について書きました。

目次

鎌谷紀子は夫(結婚相手)と大学生の娘2人と離れて暮らす!

鎌谷紀子さんには、結婚相手の夫と2022年6月時点で大学生の2人の娘さんがいます。

鎌谷紀子さん、夫と娘さん2人と離れて、単身赴任で千代田区の危機管理宿舎に住んで、地震や津波の緊急会見の際には自転車で15分で駆けつけています。

夫や娘さん達と離れて暮らしてる事に関して、鎌谷紀子さんは

家族と離れてくらす寂しさがあるけど、今は仕事に集中したい

とコメントされています。

「気象庁の職員募集案内」のPDFにて

  • 2人の娘さんを産んで、育児休暇を取って、育児短時間勤務を経験してる
  • 鎌谷紀子さんが外務省在ウィーン国際機関日本政府代表部の一等書記官でウィーンに滞在した時には、長女さんも同行し、中学時代をウィーンで過ごした事が大きな経験になった

さらに、テレビ番組の「イット!」では

家族はスキー旅行を計画していますが、鎌谷紀子さんは仕事で行けなかったそうです。

鎌谷紀子のプロフィールや出身高校・大学は?

引用:フェイスブック

鎌谷紀子さんのプロフィールや出身高校・大学ですが、鎌谷紀子さんのフェイスブックによりますと

  • 出身地:越前市
  • 1985年、福井県立武生高校を卒業
  • 1994年、東北大学 大学院理学研究科 地学専攻を卒業
  • 2018年4月1日~2020年3月に東京大学に准教授として勤務

鎌谷紀子の経歴は?

さらに、鎌谷紀子さんの経歴ですが

  • 1994年、気象庁に入庁
  • 1995年、国際データセンター地震分析官(アメリカバージニア州)
  • 1997年、気象庁 地震火山部 地震津波監視課精密 地震観測室 研究官(長野市)
  • 1998年、科学技術庁 研究開発局 地震調査研究課 地震調査官(東京)
  • 2009年、気象大学校 講師
  • 2013年、外務省在ウィーン国際機関日本政府代表部一等書記官
  • 2018年、東京大学地震研究所 准教授
  • 2020年、気象庁 地震火山部管理課 地震情報企画官
  • 2021年、気象庁 気象研究所 地震津波研究部 室長
  • 2022年、気象庁 地震火山部地震津波監視課 課長

鎌谷紀子さんは気象庁に入ってから、地震火山部地震火山業務課計画係をされ、アメリカ・オーストリアに勤務されていました。

以上が、鎌谷紀子さんに関する記事ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次