園田芳大のwiki風経歴&学歴|九州学院高校・龍谷大学卒!

スポンサーリンク

山本由伸さんの通訳を務めてる園田芳大さんですが、1977年12月23日生まれの46歳です。

そんな園田芳大さんは、体重が100㎏近くあるそうで、現在はダイエット中との事。

宇城市立豊野中学校・九州学院高校時代は柔道部で活動されています。

京都の龍谷大学を卒業後に単身でニューヨークに行き、照明関係の仕事をされていました。

照明としては、ハリウッド映画の製作にも関わっています。

当記事では、そんな通訳の園田芳大さんについて書きました。

目次

園田芳大のwiki風プロフィールは?

園田芳大さんのプロフィールですが

  • 名前:園田芳大(そのだよしひろ)
  • 生年月日:1977年12月23日生まれの46歳
  • 熊本県宇城市出身

です。

園田芳大さんは人から好かれる人で、通訳を務める山本由伸さんにダイエット中である事をイジられていました。

現在の園田芳大さんの体重は100㎏近くあるそうです。

園田芳大さんの身長は公表されていませんでした。

こちら、身長178㎝の山本由伸さんとの比較だと

引用:スポニチ

引用:フルカウント

園田芳大さんは同じくらいの身長に見えます。

この事から、園田芳大さんの身長は180㎝前後くらいの可能性がありますね。

園田芳大には結婚した嫁(妻)がいる!

園田芳大さんですが、右手の薬指に指輪をされています。

引用:X

そして、園田芳大さんは結婚されてて、お嫁さんがいらっしゃります。

2023年12月に妻の実家があるテキサス州に引っ越しをされてるそうなので、お嫁さんはアメリカ人なのかも?しれませんね。

スポンサーリンク

園田芳大のwiki風学歴は?九州学院高校・龍谷大学卒!

引用:X

園田芳大さんの学歴ですが

  • 小学校までは野球経験者だった
  • 豊野中学校・九州学院高校・京都の龍谷大学時代は柔道部に所属

大学時代

  • 1年時から団体戦のメンバーに選出
  • 関西学生柔道優勝大会で3位入賞
  • 全日本学生柔道優勝大会に出場
  • 関西学生体重別選手権大会 86kg以下級で3位入賞

など中心選手として活躍

2023年に園田芳大さんが帰国した際に、高校時代の柔道部の顧問の石橋金治さんと会い、その時に、山本由伸さんの通訳の公募に応募した事を話されています。

そして、石橋さんは

「『実現するといいね』と話した。明るく、たくさんの方にかわいがられる性格。そのあたりも通訳に選ばれた理由かも」

引用:熊本日日新聞

とコメントされています。

豊野中学校は、熊本県宇城市豊野町糸石3536にある中学校です。

九州学院高校は

熊本市中央区にあり、偏差値は普通科アスリートクラス50・普通科アドバンスクラス59・普通科プログレスクラス60となります。

ヤクルトの村上宗隆さんが出身です。

さらに、九州学院高校の柔道部は強豪みたいです。

なので、園田芳大さんの柔道部の腕前はかなり凄いのではないでしょうか。

[2018年]
全国高等学校柔道選手権大会熊本予選
男子団体優勝
男女個人4階級優勝

全国高等学校柔道選手権大会
男子団体ベスト16
男子個人81㎏級 第3位

熊本県高等学校総合体育大会柔道競技
男子団体優勝
男女個人7階級優勝

全九州高校柔道大会
男子団体第3位

全国高等学校総合体育大会柔道競技
男子団体5位入賞

[2019年]
全国高等学校柔道選手権大会熊本予選
男子団体優勝

全国高等学校柔道選手権大会
男子団体出場
男子個人81㎏級 第3位

熊本県高等学校総合体育大会柔道競技
男子団体優勝
男女個人6階級優勝

全九州高校柔道大会
男子団体第3位

全国高等学校総合体育大会
男子団体ベスト16
男子個人100㎏超級第3位

[2020年]
全国高等学校柔道選手権大会熊本予選
男子団体優勝
※全国大会は新型コロナ感染拡大に伴い中止

[2021年]
全国高等学校柔道選手権大会熊本予選
男子3階級優勝
※団体戦中止

全国高等学校柔道選手権大会
男子個人無差別級5位入賞

熊本県高等学校総合体育大会柔道競技
男子団体優勝
男子個人5階級優勝

引用:九州学院高校

ちなみに、出身高校の九州学院高校の2024年2月10日の記事にて、園田芳大さんが山本由伸さんの専属通訳に選出された事を紹介されてて

彼の英語力と誰にでも好かれる人間性で注目の大選手の専属通訳になったことは九州同窓会の誇りであり、これからの活躍が大いに期待されます。

さらに、龍谷大学の2024年2月13日の記事にて

卒業生である園田氏のご活躍は、本学の誇りです。山本投手とともに、お二人のご活躍を心より応援しております。

と書かれています。

スポンサーリンク

園田芳大のwiki風経歴は?

引用:X

園田芳大さんの経歴ですが

  • 大学卒業後に、単身渡米し、映画会社などの照明関係技術者を務める
  • アメリカでは、ボストン・オクラホマシティなどで生活し、2003年からニューヨークが拠点となり、「メン・イン・ブラック」などハリウッド映画の製作にかかわる
  • 2023年5月に映画会社での大きなストライキが起きた事がきっかけで、2023年8月に山本由伸さんのマネジメント担当の「ワッサーマン・メディア・グループ」が日本人通訳の求人に応募し、5度の面接の後に採用され、2024年2月9日に正式に就任となる

園田芳大さんがメジャーの通訳を務めるのは初で、求人時点ではどの選手の通訳なのか?は分かっていませんでした。

2024年は園田芳大さんは通訳としてベンチ入りをせずに、試合中はダグアウト裏にいて、山本由伸さんの登板時にはウォームアップまで付きます。

そして、山本由伸さんの試合中の通訳は水原一平さんが担当されます。

山本由伸さんは園田芳大さんの事を「園田さん」「ソノピー」と呼び、園田芳大さんは山本由伸さんの事を「山本君」「由伸君」と呼んでいます。

園田芳大さんは通訳の仕事について

本当に毎日がいっぱいいっぱいです。来週のこと、1か月後のことは考えられません

引用:フルカウント

とコメントされています。

そんな園田芳大さんは、2005年4月から2006年3月まで熊本日日新聞の夕刊の「NYシネマ修行記」を13回連載をもっていました。

ちなみに

  • 2018年12月の「映像照明」にて、寄稿「単身渡米 米国照明業界に飛び込んで!」園田芳大
  • 2019年7月の「映像照明」にて、園田芳大さんに聞く「ニューヨーク照明事情」

と園田芳大さんの照明時代の情報が出て来ました。

ナリカタの記事によりますと、照明技師は

監督から指示された演出の意図を撮影チームとどのような照明を使えば、効果的かといったことを打ち合わせで決定します。

と言った仕事です。

以上が、園田芳大さんに関する記事ですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次